◆LAVA レッスン◆ 「肩こり改善ヨガ」は初心者でもOK?内容と感想

2021年8月1日

肩こりに悩む人はもちろん、そうでない人にもおススメのレッスンです。
レッスン後は、
『肩が軽くなっている…!』
と感じられるかも!?
普段あまり肩こりに悩まない私でも、定期的に受けたいレッスンのひとつ、
「肩こり改善ヨガ」について、まとめてみます。

1.LAVA「肩こり改善ヨガ」の強度や運動量

強度:2.5

LAVA公式HP : https://yoga-lava.com/service/yoga.html
前半は肩周りを中心にストレッチ、中盤以降は連動している股関節もほぐし、
カラダ全体を動かしながら、徹底的に肩へアプローチをかけていく…
そんなレッスンです。
強度は5段階中、ちょうど真ん中の2.5ですが、
呼吸&ひとつひとつのポーズをより深められたら、
強度3位に感じられるレッスンかなと思います。

体験レッスン可 について

ポーズ数は比較的多めですが、そこまで難しいポーズは無く、
体験レッスンでもOKと思います。
「ハトのポーズ」等、柔軟性が必要なポーズも出てきますが、
最初から出来なくても大丈夫…!
肩こりに悩むヨガ初心者の方には、おススメのレッスンです!

2.「肩こり改善ヨガ」レッスンのおおまかな流れ

前半のストレッチは、やや長めです

あぐらで座位

・肩の上げ下げで、レッスン前の肩をチェック
・肩や首回し
・両腕の上げ下げや、肩甲骨伸ばし・ほぐし

立ちポーズ

・基本姿勢(山のポーズ)~軽めのストレッチ
・ツルのポーズ
・ダウンドッグ
~片脚を上げる(スリーレッグドッグ)
・ねじるピラミッドのポーズ
・賢者マリーチ(マリーチャーサナ)のポーズ
・ウォーリア2
・ねじりのサイドアングル
・ピラミッドのポーズ(立位の開脚前屈)
・ワシのポーズの変形(ムリに片足立ちにならず、前かがみを意識)
・ウォーリア1の変形(背中の後ろで両手を組む)
イメージ ▼「賢者マリーチ(マリーチャーサナ)のポーズ」はこんな感じ
自分のカラダに合わせて、手足の位置は選んで(調整して)OKなポーズです

四つん這い~膝立ち

・プランク
・針の糸通しのポーズ(別名:肩入れのポーズ)
・キャットストレッチ(猫と牛のポーズ)
・うさぎのポーズ
・猫の背伸びのポーズ

うつ伏せポーズ

・飛行機のポーズ
・ゆりかごのポーズ

ほぐし・クールダウン(座位~寝ポーズ)

・合蹠(がっせき)のポーズ
・鳩のポーズ
・牛の顔のポーズ(背中の後ろで両手をつなぐポーズ)
・鋤(すき)のポーズ(逆転のポーズ)
・ワニのポーズ
・ガス抜きのポーズ
※「チャイルドポーズ」(休憩)が、合間に入ります
最後に肩の上げ下げをして、レッスン前との肩の変化をチェックします。

3.「肩こり改善ヨガ」のハイライト?チャレンジポーズなど

「鳩のポーズ」

いわゆる”横座り”の鳩のポーズ…よくヨガの宣伝広告等で見かけるポーズですね。
(正面を向いた鳩のポーズは、「パワーヨガ上級」等で出てきます)
インストラクターは、少しずつポーズを深めるよう誘導してくれるので、
いきなり完成形のポーズを目指さなくてもOKです。
また、慣れないうちは腰などを痛めないよう、ムリは禁物…!

 

牛の顔のポーズ」(背中の後ろで両手をつなぐポーズ)

完成形を目指すには、肩や股関節周りの柔軟性が必要なポーズです。
※初めはタオルを補助に使う
「タオルをカラダの近くに置いて…」
と、インストラクターから言われることが多いので、
手と手が届かない場合は、タオルを間に掴みながら…でOKです。
また、つなぎ具合(肩の可動域)に、左右で差が出る人が多いと思います。
(右利きの私は左腕を上げる方がニガテでした…でも段々と繋げるようになりました!)

LAVA公式動画「肩こり解消」

おうちヨガとして、肩こりに悩む人におススメです。
レッスン中のポーズと同様のポーズは出てきませんが、
ワシのポーズの腕などは参考になるかも⁉です。

 

4.LAVA「肩こり改善ヨガ」のまとめ

ヨガ初心者の方はもちろん、ヨガに興味がない人(笑)にも、おススメのレッスンです。
レッスン最後の肩のチェック時には、ほぼ毎回肩が軽くなっていることを実感しています。
1時間みっちり、肩回りを意識してカラダを動かすことなんて、なかなか無いと思うんです。
スマホやパソコン等で姿勢が悪くなりがちな現代人(私もそのひとり)
そんな人たちに、ぜひ受けて欲しいレッスンのひとつです!