◆LAVA レッスン◆「パワーヨガ上級」はキツイ?内容と感想

2021年5月22日

パワーヨガ上級」は”太陽礼拝”の動きや、
ヨガのレッスンにある程度慣れている人に受けて欲しいレッスンです。
”太陽礼拝”は、
・身体の柔軟性up
・肩こりや冷え性改善(血行促進)
・ストレス解消
等の効果が期待できると言われています。
運動量もあり、ポーズの難易度もやや高めな、
パワーヨガ上級」について、簡単にまとめてみました。

 

1.LAVA「パワーヨガ上級」の強度や運動量

強度:5

LAVA公式HP : https://yoga-lava.com/service/yoga.html
「パワーヨガ」シリーズの強度Maxなレッスンです。
「太陽礼拝」の動きを流れるように展開していきます。
ある意味キープ時間は短めといえるので、フローな「太陽礼拝」
といったところでしょうか。
「太陽礼拝」の合間に、難易度のあるポーズがいくつか登場しますが、
出来る範囲でチャレンジ…!
自分の出来るところまでにしないと、場合によってはケガに繋がるかも?
私もその日のコンディションによって、ポーズを深めたり深めなかったりしています。
「パワーヨガ上級」を受けた翌日、私は上腕辺りが筋肉痛になることが多いです。
強度はMaxの「5」ですし、それなりの運動量があるクラスだと思います。
※私自身、「パワーヨガ中級」のレッスンはあまり受けていません
私が通い始めて暫くは、「パワーヨガ中級」のレッスンが無かったので…。
「中級」を数回受けた後、「上級」へチャレンジの方がスムーズかと思いますが、
「初級」で慣れていれば、「中級」は必ずしも受けていなくても…と感じます。

2.「パワーヨガ上級」のポーズ

正座

あぐらで呼吸観察

太陽礼拝

「Yoga Full」produced LAVA より 「太陽礼拝」の流れ
「初級」のクラスと違い、「太陽礼拝」のスピード感は早めです。
でも、しっかり体幹は使います。
私が特に体幹を意識するところは「チャトランガ」のポーズ。
「コブラのポーズ」又は「アッパードッグ」
は自身で選択します。

立ちポーズ

・ダウンドッグから片脚を後ろに上げ、かかとを押し出す
~ヒザを顔に近づける
・ウォーリア1 ~ウォーリア2 ~リバースウォーリア
を流れるように行う
・ピラミッドのポーズ(立位の開脚前屈)
 ~のねじり(更にねじりを深めるポーズあり)
・立木のポーズからの上体ねじり(バランスポーズ)
 ~手で足先を掴んで伸ばすポーズ(チャレンジポーズ)
・半月のポーズ(ハーフムーン)
「Yoga Full」produced LAVA より 「半月のポーズ」(ハーフムーン)
・サイドアングル
~背中で両手をつかんで体側を伸ばすポーズ(バインドポーズ)

ヒザ立ち・四つん這い

・ローランジ
・三日月のポーズ
・3点プランク
・サイドプランク
~のチャレンジポーズ:上の脚を上げる→ヒザを曲げて、足裏を下の脚のモモ辺りにのせる
更に深める場合、上の脚のつま先を手で掴んで上げる
・チェアポーズ
・チェアツイスト

座位

・ハトのポーズ(正面向き)
・舟のポーズ

寝ポーズ(クールダウン)

・ワニのポーズ
・ハーフブリッジ(太鼓橋のポーズ)
・スキのポーズ
・肩立ちのポーズ(ショルダースタンド)
・シャバーサナでお休み

3.「パワーヨガ上級」のハイライト?チャレンジポーズなど

「サイドプランク」からの展開

↓の画像は通常のサイドプランクですが、
さらにいける人は、上の脚を上げて曲げる、
更にいける人は、上げてる足先を手で掴んで脚を伸ばします。
展開していく(深める)ポーズまで出来ている人は、
私が通う店舗では、ほんの数人位しか居ないと思います。
「Yoga Full」produced LAVA より 「サイドプランク」

ハトのポーズ

いわゆる”正面向き”の鳩のポーズです。
「パワーヨガ初級」等で出てくる横座りの「ハトのポーズ」より、
後屈が深くなり、柔軟性が必要かと思います。
腰等を痛めないよう、ムリは禁物です。
↓の画像は、より深めたポーズです。ご参考まで…
レッスンではここまで展開していないはず…。
出来る人はここまで深めてもOKかも⁉

4.LAVA「パワーヨガ上級」のまとめ

『”太陽礼拝”って、こんな風に流れるように展開するのね』
って、初めてこのレッスンを受けた時に思いました
流れるように展開しても、しっかり体幹を使って動くので、
まさに「パワーヨガ」です(笑)
LAVAのレッスン強度Max:5のクラスですし、
レッスンに参加しているメンバーも、慣れている人が多い印象です。
とはいえ、皆が皆、全ポーズをスムーズ&完璧にこなしている
というワケではないと思います。
出来ないポーズがあっても、強度Maxなレッスンを受けられる自分のカラダに
感謝&褒めてあげましょう(笑)
「パワーヨガ」シリーズのレッスンに慣れてきたら、ぜひ受けて欲しいレッスンです。