◆LAVA レッスン◆「サウンドフローヨガ」アクティブとエモーションの違いは?内容と感想

2021年5月22日

音楽に合わせてヨガを楽しみながら、
体幹も鍛えられるレッスンです。
「口角を上げて、楽しみましょう」
等とインストラクターから言われます。
音楽のチカラも借りて、ダイナミックに動ける⁉
そんな「サウンドフローヨガ」について、まとめてみます。



1.LAVA「サウンドフローヨガ」の強度や運動量

強度:3

音楽に合わせてヨガを楽しむ♪

一言で言うとそんなレッスンです。
アクティブ」と「エモーション」の2種類ありますが、音楽が違うだけで、
動きはほぼ同じです。
「アクティブ」:アップテンポなメロディが多く、ノリの良い感じ
「エモーション」:心に響くような、壮大なイメージ
※↑あくまで個人の感想です🤗
他のレッスンより、スタジオ内の温度設定が低めですが、
立ちポーズが多く、他のレッスン並みに汗はかけると思います。
他のレッスン(「ヨガビギナー」等)でもお馴染みのポーズが沢山出てくるので、
初めてでも比較的ポーズに入りやすいかなと感じます。
音楽にノッて、とにかく楽しむ…がコンセプトのようなクラスなので、
レッスン中、インストラクターからポーズのアジャストやフォローは、ほぼありません。

「体験レッスン可」について

そこまで難しいポーズは無いので、体験レッスンでもOK…と思います。
ただ、立ちポーズが多いので、体力に自信がない人は、
強度1.5~2位のレッスンから始めるのがおススメです。
バランスポーズもありますが、出来る範囲でOKということで🤗

2.「サウンドフローヨガ」レッスンのおおまかな流れ

立位

・合掌~腕の上げ下げ
・お腹に手をあてて、呼吸法
・チェアポーズ(椅子のポーズ)
 ~左右の上体ねじり(息を吐きながらねじる)
 ~立位前屈

四つん這い

・キャットストレッチ
・お尻回し(お尻を大きく回してかかとの方へ…)
・キャットストレッチ~の上体反らし&片脚上げ
 

立ちポーズ

※同じポーズが繰り返し出てきます。初めはゆっくりめ、

2回目以降は音楽に合わせてテンポup♪

・ダウンドッグ
・ローランジ
・ハイランジ
・ハイランジ~のねじりのポーズ
・ウォーリア2
・リバースウォーリア
・サイドアングル
・ひばりのポーズ
・ワシのポーズ(バランスポーズ)
・立木のポーズ(バランスポーズ)
 …ワシのポーズから流れるように…なのでちょっとハード
・ダウンドッグ~のスリーレッグドッグ、前に重心移動
・スクワット
・女神のポーズ
「Yoga Full」produced LAVA より スリーレッグドッグ

主な繰り返す動き

・ウォーリア2
・リバースウォーリア
・サイドアングル
・チェアポーズ

呼吸でカラダの内側から熱を作る」呼吸法

お腹をリズムよく凹ませ、最後は深く吐き切る、チカラ強く呼吸するイメージです。
何度かこの呼吸法が出てきます。
インストラクターから、
「リズムよく呼吸…と言ったらこの呼吸法で…」
等との誘導があったらこの呼吸をします。
(人によって、言い回しが違う場合もあるかもしれません)

寝ポーズ(クールダウン)

・肩立ちのポーズ(ショルダースタンド)
・スキのポーズ(逆転のポーズ)
・魚のポーズ
・シャバーサナでお休み

3.「サウンドフローヨガ」のハイライト?チャレンジポーズなど

「繰り返す動き」ウォーリア2~リバースウォーリア~サイドアングル

「Yoga Full」produced LAVA より ウォーリア2
前半でゆっくり予行演習?した動きが、後半にも出てきます。
「ウォーリア2」~「リバースウォーリア」~「サイドアングル」等のポーズを、
音楽のチカラを借りて、ダイナミックに動けるクライマックスです。
このレッスンでやってきたことの集大成!(←ちょっと大げさ)
多少動きが遅れても、楽しんでしまえばOK!なシークエンスです😁
「Yoga Full」produced LAVA より リバースウォーリア

4.LAVA「サウンドフローヨガ」のまとめ

「ヨガビギナー」や「ヨガベーシック」等のレッスンにも少しずつ慣れ、
強度3のレッスンをちらほら受け始めた頃、
「こんな面白いレッスンあるんだ♪」
と思った記憶があります。
ポーズは後からついてくる…な気概で、楽しんだ者勝ち!です😊
先述した、呼吸でカラダの内側から熱を作る」呼吸法は、
この呼吸法がきちんと出来れば、常温に近いスタジオでも汗がかける!
…と実感できる、自分のチカラで汗をかくことを楽しめるレッスンでもあると思います。