◆LAVA レッスン◆「ヨガフローリラックス」は初心者向け?内容と感想

2021年8月7日

心地よい音楽が流れるスタジオで、ヨガのポーズを
流れるように展開した後は、リラックス効果を得られる…
そんなレッスンです。
ヨガ初心者の方にもおススメな「ヨガフローリラックス」
についてまとめてみます。

1.LAVA「ヨガフローリラックス」の強度や運動量

強度:2

LAVA公式HP : https://yoga-lava.com/service/yoga.html
ゆったり心地よい音楽に合わせて、カラダをほぐしながら
ヨガのポーズをフローで(流れるように)展開していきます。
”流れるように”といっても、スピード感はあまり無く、
ポーズの難易度も比較的やさしめに感じます。
…が、バランスポーズをいきなり後ろの壁向きで行う点だけ
心の準備はあった方が良いかも?です。
音楽が別レッスンの「ヨガフローベーシック」(強度3)と似ていますが、
コチラの方がゆったり癒し系にアレンジした感じです。
(「ヨガフローリラックス」は”フローベーシック”より後から出来たレッスンです)

「体験レッスン」可について

カラダをほぐした後、ヨガのポーズへ、そしてリラックス…
な感じのレッスンなので、体験レッスンとしてもおすすめです!
片脚立ちのバランスポーズは、出来る範囲でムリなく、
出来なくても全然問題ないです!

2.「ヨガフローリラックス」レッスンのおおまかな流れ

寝ポーズ

・ヒザを抱えたり、立ててねじったり、腰回りのほぐし

座位(あぐら)

・瞑想(約2、3分程)

座位(ほぐしパート)

・首、背中、腰のストレッチ
・あぐらを組みかえて、体側伸ばし
・膝を立てたキャットストレッチ
・両手は合掌して膝立ち、そのまま後ろに倒れる

壁方向を向いて(マットを横に使う)

・片脚開脚で体側伸ばし
・かんぬきのポーズ(両手は頭の上で合掌、左右に動く)
・半円のポーズ~腕回し
「Yoga Full」produced LAVA より 「半円のポーズ」

四つん這い

・針の糸通しのポーズの変形
・猫のびのポーズ(別名:伸びをする子犬のポーズ)
▼(ご参考)針の糸通しのポーズ(イメージ)

立ちポーズ

・チェアポーズ(椅子のポーズ)
・ウォーリア1の変形(両肘を90度に曲げて)
・ヒザをついたローランジ~の上体ねじり
・プロペラのポーズ(片ヒザをついて上体ねじり)
・花輪のポーズ(しゃがんで合掌)
・三角のポーズ
・リバース三角(三角のポーズから反対側へ上体を反らす)
・ピラミッドのポーズ(立位の開脚前屈)
・スクワット(両腕を絡ませ、ワシのポーズの手で)
・立木のポーズ
▼(ご参考)ローランジのねじりのポーズ

ほぐし・クールダウン

<座位>
・真珠貝のポーズ
・前モモ伸ばし
(片脚を曲げてかかとをお尻の横に近づけ、肘をマットについて後ろに倒れる)
<寝ポーズ>
※がっせきの足(両足裏どうしを合わせる)時間が長めです
・仰向けのがっせきのポーズでハーフブリッジ
・ハーフブリッジ(太鼓橋のポーズ)
・片脚上げ(ヒザは伸ばせたら天井方向へ伸ばす)
・両手&両足を天井方向へ上げて、ブラブラ揺らす
~かかとでお尻を叩く
・がっせきの足~片脚を曲げて腕で抱え横に開く
~ねじりのポーズ
・がっせきの足でお腹に手をあてて呼吸
・ガス抜きのポーズ
・シャバーサナでお休み

3.「ヨガフローリラックス」のハイライト?チャレンジポーズなど

「立木のポーズ」

左右対称で2回行いますが、1回目は後ろ向き
(鏡を見て…ではなく、後ろの壁を向いてポーズをとる)
になると思います。(店舗やインストさんによって違いがあったらご容赦を)
壁方向を向いてのバランスポーズは、慣れないうちはキツイかと…
私もその日のコンディションによって、フラフラ~な時も💦
このレッスンでは後ろ向きになったと思ったら
わりとすぐ「立木のポーズ」に入るので、
「え?いきなりバランスポーズ⁉」
と、初めて受講した時に、少しだけびっくりしました。
2回目は鏡の方を向いてポーズをとります。

4.LAVA「ヨガフローリラックス」のまとめ

ヨガ初心者の方からおススメできるレッスンです。
前半は身体をほぐしつつ、ヨガのポーズに入っていくので、
準備万端⁉ストレッチ効果も期待できそうです。
最後の寝ポーズではがっせきの足(両足裏どうしを合わせる)時間が長めです。
→股関節を緩ませることで、リラックス効果に繋がるのだそう。
普段、寝る前にもおすすめとのことです。
(私は最後の寝ポーズは、大体ウトウト…半寝状態です)
レッスン中は呼吸を意識しながら、ヨガのポーズもしっかり取れると
最後に、よりリラックス効果を得られそうです😀