◆LAVA レッスン◆「ヨガビギナー」は初心者でも大丈夫?ポーズ内容と感想

2021年8月1日

ヨガの基本ポーズを丁寧にじっくり行うレッスンです。
「ビギナー」の名の通り、ヨガを始めたばかりの人にもおススメですし、
ヨガに慣れた頃には、ポーズが深まる自分に気付ける!?
そんなレッスン「ヨガビギナー」について、まとめてみます。

 

 

1.LAVA「ヨガビギナー」の強度や運動量

強度:2

LAVA公式HP : https://yoga-lava.com/service/yoga.html
ヨガの基本的なポーズをじっくりと展開していきます。
ポーズのキープ時間が少し長めなので、強度2とはいえ、キツく感じるパートもあります。
基本のポーズをしっかり・じっくり行うことで、よりポーズや呼吸を深められたり、
股関節回りに効いてきます。
ヨガを楽しみながら、学びにもなるレッスンだと思います。

体験レッスンについて

「ビギナー」の名の通り、体験レッスンやヨガを始めて間もないの方にもおススメです。
先述した通り、ポーズのキープ時間が長めですが、
それはゆっくり、じっくりレッスンが進んでいく…とも言えると思います。
ひとつひとつのポーズをしっかり進めていく点でも、
ポーズの展開についていきやすいレッスンではないかと思います。

2.「ヨガビギナー」レッスンのおおまかな流れ

あぐらで座位

・両腕の上げ下げや上体のねじり等
・肩、背中、肩甲骨周りのほぐし

四つん這い~

・片足ずつ前後に伸ばしたり縮めたり、お尻の筋肉をほぐす
・トラのポーズ(←キープ時ちょっとキツイ)
チャイルドポーズ(ひと休み)

四つん這い~膝立ち

・ローランジ → ねじりのローランジ
・ひばりのポーズ
・ハーフスプリット(背筋を伸ばすことを優先して、膝は曲がってもOK)

うつ伏せポーズ

・プランク(別名:板のポーズ)※体幹強化
・チャトランガ
・コブラのポーズ
・飛行機のポーズ
・猫の背伸びのポーズ

立ちポーズ

・立位前屈
・ダウンドッグ
・ハイランジ
・ワシのポーズ
・ピラミッドのポーズ(脚を広げた立位前屈)
・スクワット
・三角のポーズ

「Yoga Full」produced LAVA より  ハイランジのポーズ

うつ伏せポーズ

・ハーフコブラのポーズ(お尻~脚のチカラは抜いて)
・ゆりかごのポーズ↓↓

チャイルドポーズ(ひと休み)

 

ほぐし・クールダウン(座位~寝ポーズ)

・座位の開脚前屈
・脇腹のストレッチ
・橋のポーズ(ハーフブリッジ)
・コアラのポーズ(脚の四の字のポーズ)※お尻、モモ裏のストレッチ
・イーグルツイスト
・ガス抜きのポーズ
などなど…
※「チャイルドポーズ」(ひと休み)は、上記以外の時にもあります
キツくなった時は、チャイルドポーズでお休みを…!

 

開脚前屈について

インストラクターから
「ムリにカラダを倒さなくて大丈夫です。開脚前屈はリラックスして行いましょう」
等と言われます。
あるインストラクターからは、
「開脚前屈の練習は、毎日お風呂上りにやってみるとイイですよ~
ワタシは毎日練習したら、出来るようになったので🖐」
とのアドバイスがありました。

3.「ヨガビギナー」のハイライト?チャレンジポーズなど

前半は「トラのポーズ」!?

「Yoga Full」produced LAVA より

地味だけどキツイ…。下半身・体幹を鍛えてる感じがします。

後半は、立ちポーズの一連の流れ…

その中でも特に、

・ワシのポーズ

・三角のポーズ

などがキレイに出来るとカッコイイ!?

4.LAVA「ヨガビギナー」のまとめ

ホットヨガ初心者から、楽しめるレッスンだと思います。
ただ、「強度2」とはいえ、前半(トラのポーズの辺り)からキツイ…地味にキツイ…
ワシのポーズも脚が絡まないし、フラつくし…
LAVAに入会した頃、
「これがヨガの”体幹を鍛える”ってヤツか…」
と思いながら、このレッスンを受けていました。
「ヨガビギナー」を何回も、何十回も受講するにつれ、
ポーズのとり方や、呼吸に意識を向けることにも慣れてきて、
次第に体幹も鍛えられ、ポーズも安定していく…
そんな自分の成長を感じられるレッスンでは!?
感じています。

~LAVAの体験レッスンの申し込みはコチラ↓↓~