◆LAVA レッスン◆「ヨガフローベーシック」は初心者でもOK?内容と感想

2021年8月1日

心地よい音楽とヨガの融合を感じられるレッスンです。
強度はやや強めの3.5なので、何回かレッスンを受けた後に
是非とも受けて欲しい、おススメのレッスンです!
そんな「ヨガフローベーシック」についてまとめてみます。

1.LAVA「ヨガフローベーシック」の強度や運動量

強度:3.5

LAVA公式HP : https://yoga-lava.com/service/yoga.html
壮大な音楽に合わせて、ヨガの基本ポーズをフローで(流れるように)展開していきます。
音楽のチカラを借りて、動きもダイナミックになるかも…⁉
強度3.5だけあり、終わった後は、「フーッ」と心地よい?疲労感です。
今でこそ、「心地よい疲労感」なんて言ってますが、
初めて受けた頃は、ついていくのがやっと…でした💦
レッスン回数を重ねるごとに、好きになっていったレッスンです。
(個人的に、今は一番好きなレッスンかも)

「体験レッスン」可について

体験レッスン可になっていますが、全くのヨガ初心者の方には、少々ハードに感じるのでは?と思います。
強度3.5…そこそこの運動量があるので、普段から運動をしている人や、ヨガ経験者なら
私はおススメしたいです。
とはいえ、音楽のチカラを借りて、細かい事は気にせず動いてしまえば、
どなたでもきっと楽しい体験レッスンになると思います。

2.「ヨガフローベーシック」レッスンのおおまかな流れ

あぐらで座位

・片鼻呼吸(ナディショーダナ)
・瞑想(約5分間)

ほぐしパート

・足首ほぐし、股関節ほぐし(合蹠(がっせき)のポーズ)
・あぐらで上体のねじり
・手の甲をついたキャットストレッチ(キャットアンドカウ)
・ヨガムドラ(正座で背中の後ろで手を組み、前屈)
・舟のポーズ(~片腕を開いて上体ねじり)
・リバースプランク
・半円のポーズ~腕回しの後、片脚をあげるポーズ
・プランクとダウンドックを繰り返す
「Yoga Full」produced LAVA より 舟のポーズ

立ちポーズ(前半)

・揺れるヤシの木のポーズ~前屈
・プロペラのポーズ
・ひばりのポーズ
・三日月のポーズ
・片足前屈
・ダウンドック~片足を後ろに伸ばす~膝をお腹に引き寄せる
・コンドルのポーズ
・ウォーリア3(ワシのポーズの腕で)
・ワシのポーズ
・山のポーズ
「Yoga Full」produced LAVA より 三日月のポーズ

立ちポーズ(後半)

※ここから動き続けるので、お水をしっかり取っておくことをおススメします

・チェアポーズ~両手を合掌したチェアポーズでツイスト(ねじり)
・ハイランジでツイスト
・ウォーリア2~サイドアングル~リバースウォーリア
・三角のポーズ
・女神のポーズ
・ピラミッドのポーズ~上体ねじり
・ダウンドック~立位前屈
・弓を引くポーズ
・立木のポーズ
・山のポーズ
反対側も同じように行いますが、
・虹のポーズ
が、後半に入ります

▲「虹のポーズ」はこんな感じ

ほぐし・クールダウン

・真珠貝のポーズ(座位、ゆるめの合蹠(がっせき)で前屈)
・片脚の開脚で脇腹のストレッチ
・ハーフブリッジ(太鼓橋のポーズ)
・ガス抜き(赤ちゃん)のポーズ
・シャバーサナでお休み

3.「ヨガフローベーシック」のハイライト?チャレンジポーズなど

「立木のポーズ」
左右対称で2回行いますが、1回目は後ろ向き
(鏡を見て…ではなく、後ろの壁を向いてポーズをとる)
になることが多いと思います。(インストさんによって違いがあったらご容赦を)
慣れないうちや、その時のコンディションによっても、壁方向を向いてのバランスポーズはキツイ…
いかに自分が鏡を頼りにポーズをとっていたか、分かった瞬間でした💦
2回目は鏡の方を向いてポーズをとります。その時に音楽もクライマックス…♪
立木のポーズで静止、ポーズが決まると嬉しい瞬間です♪

4.LAVA「ヨガフローベーシック」のまとめ

「今日は動くぞ~!」
な気分の時におススメです。
特に後半の立ちポーズはお水の休憩が少なく、動き続ける感じなので。
(もちろん、自分のタイミングでお水や休憩は取るべき!で、ムリしちゃダメですが)
このレッスンのお気に入りな点は、やっぱり音楽&フローな動きですね
音楽にノって♪キツイ…と感じる時も動けてしまう、そんなレッスンです😀